ホワイトニング歯磨き粉に含まれる成分について

ホワイトニング歯磨き粉に含まれる成分について

簡単に歯を白くするためには、歯を白くすることが出来る歯磨き粉を使うという方法もあります。
ですが、この歯を白くする歯磨き粉には、どのような成分が含まれているのかをしっかりと理解した上で使用することが必要になってきますよね。

 

 

一つは研磨剤です。
歯を白くするためには、歯の表面についている汚れを落とす必要があります。
この汚れを落とし、歯の表面にあるエナメル質を磨くために含まれているのが研磨剤です。

 

 

このホワイトニング歯みがき粉の研磨剤には歯を削るほどの強い力がある研磨剤は含まれてません。
重質炭酸カルシウム、ホドロキシアパタイト、リン酸水素ナトリウムといったものが研磨剤です。

 

 

口の中に清涼感を与え、さらに歯磨きをしっかりと行っている感覚を与えてくれる発泡剤も含まれています。
ラリウル硫酸ナトリウムやショ糖脂肪酸エステル、ラウロイルサルコシンソーダなどです。
ホワイトニング歯磨きのホワイトニング成分としては、ポリリン酸ナトリウムやポリエチレングリコールなどがあります。

 

 

これらはタバコのヤニ、ステインなどを除去する働きがあります。
またヒドロキシアパタイトという国から認められたホワイトニング成分ではなくても、ホワイトニング効果がある成分になっています。

 

と、このように一般的に使われている市販のホワイトニング歯磨き粉にも歯の黄ばみを落とす成分は含まれているのです。
おそらく現在歯の黄ばみが気になっているという人であれば一度はこのようなホワイトニング歯磨き粉を使った経験があるのでしょうか?

 

 

しかし、それでも満足できるぐらい歯が白くなった、黄ばみが落ちたということはなかったことと思います。
そういった方にオススメなのがホワイトニングジェルです。

 

 

歯のホワイトニングジェルに使われている成分というのは研磨成分とは違って汚れを浮かせて剥がしていくというイメージですので、
これまで市販のホワイトニング歯磨き粉では落とせなかったような歯の黄ばみを落とすことができる可能性があります。

 

市販の歯磨き粉に比べると価格帯は2000円程度高くなってしまいますが、本格的なホワイトニングほど費用をかけずに済みますし、
自宅で使い続けることができるので黄ばみのない白い歯を持続させることもできるでしょう。