神経を取った歯を白く

神経を取った歯を白くするには?

虫歯の治療を行って神経をとった歯は時間が経つにつれて黒ずんできます
虫歯で痛みが酷いときは、後々の歯の黒ずみまで考えもしませんよね。

 

 

ほとんどの神経を取り除いた歯は誰でも黒ずんでくるんですよ。
有名なところで言えばお笑い芸人のハリセンボンの箕輪さんもそうですよね。
神経を取り除いたというよりかは死んでるという言い方をしていましたが・・・。

 

 

いま流行のホワイトニングは神経がある歯には効果的ですが、神経を取った歯にはホワイトニングの効果が弱いんです。

 

ちなみにハリセンボンの箕輪さんの場合は神経が死んで黒くなってしまっていた歯を抜歯して
ブリッジで新しい歯を入れているのでホワイトニングとはまたちょっと違います。

 

 

ホワイトニングで神経を取った歯を白くするためにはウォーキングブリーチという方法が使われます。
ウォーキングブリーチは歯の内側から薬を入れて歯を白くする方法です。

 

ですから、1本だけ神経をとった黒ずんだ歯などに効果的です。
方法は神経を取った歯の詰め物を歯の裏から削ります。

 

 

そして削った穴の一部から歯の内部に薬を入れて白くします。
そして薬を入れた状態で数日〜1週間ぐらいで、再度薬の入れ替えを3回〜7回繰り返すので期間としては少し長くなります。
さらに治療した虫歯が大きく詰め物が多い場合には出来ないこともあるようです。

 

 

歯を白くするウォーキングブリーチはホワイトニング同様、数年でもとの色に戻ると言われていますし、
保険適用ではないので歯を白くしたいと考えている方は歯科医院に相談してみるといいでしょう。

 

 

結論としては神経を取った歯を白くする方法はあります。
しかし、ホワイトニングにしても抜歯にしてもそれなりにお金がかかることは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

 

ただハリセンボンの箕輪さんを見てもわかる通り、神経を取って黒ずんでしまった歯が口を開けた時に
見えてしまう位置にあるとそれだけで周りには強烈な印象を与えてしまいますし、逆にその歯が白くなれば
彼女のようにこれまでの印象を大きく変えることができるということもできますね。

 

 

 

>>>着色汚れによる歯の黄ばみを自宅で落とす方法はコチラ<<<